スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PostfixからEZweb宛のメールが遅延する[1]

あるシステムから、EZweb宛のメールが遅延している。
システムにインストールされているMTAはPostfix2.1.5。

エラーメッセージは下記のような感じ。

to=, relay=none, delay=0, status=deferred (delivery temporarily suspended: connect to lsean.ezweb.ne.jp[222.15.69.195]: server dropped connection without sending the initial SMTP greeting)

telnetで25番ポートに接続しようとしてもすぐ弾かれるので、IPアドレスでブロックされている様子。

Googleで検索したところ、殆どの人は自宅サーバーの管理者。
解決方法としてtransportを使ってezweb.ne.jpドメインだった場合には契約しているISPから送信させるというものだった。
(ISPのSMTPサーバーは信頼されているからだそうで)

という事はうちが管理しているサーバーは信頼されていないという事か?
調べていくうちに、信頼されない原因と思われるものがいくつか見つかった。

1.逆引き出来ないホストからメールを送信している
2.存在しないアドレスに送信している可能性
3.一度に送信するメールの量が大量

逆引きの設定、そういえばしていなかった・・・。
というわけでする事に。

存在しないアドレスに送信している可能性もあるので、送信元が「Postmaster@ezweb.ne.jp」で件名が「Mail System Error - Returned Mail」のメールがリターンされた場合には中に含まれている送信出来なかったメールアドレスを抜き出して、送信出来ないユーザーリストに追加する。

送信出来ないユーザーリストはみるみるうちに増えていく。
でもこれ、本当に全てが存在しないアドレスなんだろうか?

一度に送信するメールの量について、制御の方法が分からないので後で調べる事にする。

参考URL
http://www.au.kddi.com/notice/manner/jyushin_policy/kinshi.html
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kgworks.blog47.fc2.com/tb.php/1-51c4d157

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。