スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TracのDBにMySQLを使ってみました

Tracのバージョンが0.10.4になり、バックエンドのDBとしてやっとMySQLがまともに使えるようになったようなので試してみました。
(一応0.10以降からMySQLが使えるけど0.10.3まではバグだらけです)

これでやっとバックアップ等のデータ管理が楽になると思ったんですが、ちょっと自分には合わないなという感じだったので結局SQLiteのまま使ってます・・・。

具体的には、MySQLでの保存方法。

Tracというデータベースを作ったとして、その中にプロジェクトのデータが入るわけですが、1つのプロジェクトのデータしか扱わない仕様になってます。

つまり、Tracで複数のプロジェクトを管理している場合はそのプロジェクトの数だけデータベースを作らねばいけないという事になります。

これを使いやすいと取るか、使いにくいと取るかは人によると思うんですが、自分にとっては使いにくいです・・・。

例えばTracというデータベース内に複数のプロジェクトのデータを保存する形式なら、Tracを別のサーバーに移動する時にTracというデータベースだけをバックアップすればいいんだけど、現在Tracが採用している方法だと、プロジェクトが多ければ多い程、管理が大変になる。

それ用のツールを作るっていう手もあるけど、まだまだ発展途上だし、SQLiteからPostgresに移行するスクリプトがあるみたいに、SQLiteからMySQLに移行するスクリプトも出てくるだろうからそんなに急がなくてもいいかなと思っています。

MySQLをバックエンドとして使うにはまだまだ様子見な感じですね。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kgworks.blog47.fc2.com/tb.php/117-10093683

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。