スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育って難しい

社内で週に二回、レビューという進捗の報告をしたり、意見を言ったりする時間を設けています。

そのレビューの時に、MySQLの「レプリケーション」について説明された(自分が説明したわけではないので)時がありました。
一応自分は何度もレプリケーションを構築しているし、仕組み自体もある程度分かっている。

けれど、その後輩Aさんはこの業界に入ったばかりなので、顔が明らかに「???」になっていたんですよ。
説明した人が「ここまで分かった?」と聞いても「なんとなく・・・」という返事。

その感じでその日のレビューは終わっちゃいました。

ある日、帰る時間がちょうど後輩Aさんと一緒だったので、聞いてみた。

「前にレビューでレプリケーションについて説明があったと思うんだけど理解出来た?」

と。

そしたらやっぱりあまり理解出来ていなかったみたい。

歩きながら自分なりに説明していたら、「ちょっと一緒に食事していきませんか?」と誘われた。後輩Aさんに誘われるというのも変なんだけど、「もっとその説明を聞きたいので」という事だった。

レプリケーションについて説明し終わった時に、後輩Aさんが
もっと説明してほしい事とかあるんですけど、社内だとみんな忙しそうだからなかなか聞けないんです」
と言ってた。

まぁ確かにみんな忙しそうにしているし、マンツーマンで教える余裕もなかったりするからしょうがないのかなと思ったり。

もしかしたら
「後輩Aさんはプログラミング関係で苦戦しているし、MySQLを含めたサーバー全般の構築も多分よく分からない感じだと思うので、プログラミング以外の事を教えるよりはプログラミングに集中させた方がいい」
という考えが優先されるのかも。

でも本人が興味を持っているならどんどん説明しちゃってもいいのかなと思ったり。色々な知識で脳みそが埋め尽くされると思うけど、それを整理するのは本人次第だから。

それに
「興味がないけど仕事として覚えなくちゃいけない事」
と、
「興味があるけど仕事で直近では役に立たない事」
があるとしたら、後者の方が絶対スムーズに覚えてくれるし、覚えた事に対しての自信というのも付くと思うんですよね。

人によっては「あくまで会社でやる事だから、会社で言われた事だけをきちんとやる」って人もいるから、会社に限らず、教育って難しいと思ったりしました。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kgworks.blog47.fc2.com/tb.php/149-2a171ecf

コメント

あわわ。会社入った後じゃ勉強する時間とかなんか確保するのむずかしそうですねー。
学生のうちに勉強できることはできるだけしときたいなぁ。
だけど夏休みとかはハイパー本気タイムがなかなか出せないから困ります。
2時間早く出勤して勉強するとか、2日にいっぺん徹夜して勉強の時間にするとか、他にも方法はあると思うけど、色々と負担はあるし、時間も学生の時みたいに有意義に使えないなぁ。

でも「これだけの時間しかない!」と思えるから、逆に凄い集中して取り組めたりもする。自分はそういう性格だから、学生時代はだらだらのんびりと過ごしてましたw

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。