スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝坊防止の為の備忘録

システム開発でなく、寝坊防止の為の備忘録です・・・。

自分は自他共に認める寝坊癖の持ち主。

爆音の目覚ましを2個、携帯のアラーム3つあっても気付かない。
勝手に目覚ましを止めちゃうんじゃなくて、ホントに全く気付かないんですよ。
スイッチがONのままだから夜の7時とか8時になるとまた鳴ります。(といってもその時間帯はまだ会社だけど)

早く寝ても、どうも思った時間に起きれず。
まぁ遅く寝たら当然思った時間に起きれないんですけど、例えば夜の10時とかに寝たとして(自分の場合はこれが早い方です)次の日に早起き出来るかと思いきや、気付いたら朝の10時だったみたいな。

調子の良い時期もあるんだけど、なかなかそういうリズムを維持できず、また寝坊して遅刻。

そんなわけで目覚まし時計以外の方法をいくつか考えてみた。

まず思いついたのはモーニングコールサービス。

検索したら
http://www.morning-call.jp/
こんなのが真っ先に出てきた。

色々調べたけど評判はいいみたい。

目覚ましの音にも気付かないのに、普通の電話の着信音に気付くわけないだろう的な事が頭をよぎったけど、色々考えてみると、お金を払ってコールしてもらっているわけだから、気付かないと損。そういう意識の持ち方がで起きれるかもと思う。

料金的にすげー高いわけでもないので試してみようかと。

次に思い浮かぶのは寝坊防止グッズ。

目覚まし時計は既にNGなので、それ以外のを探していると最近は振動系の目覚ましが結構流行ってるみたい。

振動する枕。
振動する腕時計。
振動する機械を枕とかに入れてベッド毎振動させる。
↑ベッドシェーカーと呼ぶらしい。

色々な記事を見ていると、腕時計は仮眠だとか電車内での寝過ごし防止に使ってる人が多いみたいで、布団で寝ながら腕時計を付ける事例がすぐ見つからなかった。

振動する枕は評判的に「うーん」という感じ。どうも壊れやすいみたい。

ベッドシェーカーは楽天なんかでも購入できて、評判もかなり良い。

というわけでこれも試してみよう。
ちなみに「バイブラーム」
というのが最強らしいけど、振動が強すぎるが故に初期不良が多いみたい。

なのでその次によさげな「ビッグタイム」
を使ってみようかと。

バイブラームより振動が弱いらしいけど、それでも相当な振動らしく、寝坊が改善された人もだいぶいるっぽい。
ちなみにバイブラームは振動が強すぎるためか、心臓の弱い方は避けるような注意書きがあるそうな。

この他のグッズだと安眠・快眠グッズ。

電車の広告で良く見かけるのが「ナイトール」
http://nytol.jp/pc/index.html

サイトの注意書きとかを見ると、三日を超える連続服用は避けえてくれ。三日経っても改善されない場合は専門の人に相談しろとの事。

副作用とかも心配だなぁ。

とりあえず寝坊防止の為の備忘録。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kgworks.blog47.fc2.com/tb.php/156-b0d059cc

コメント

時間になったら天井からダンベルとかが落ちてくるようにすればいいんじゃないんですか?
私はバスを一本遅れると遅刻確定(田舎なので一時間に一本しか来ない・・・)なので必死こいて起きます。
ダンベルいいですねーw
寝相によっては顔面とか大事なとこに落ちるかも。

というか筋トレの為に普通にダンベルが欲しい・・・。各10Kgくらいの。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。