スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷惑メール対策

こないだWBSで、迷惑メールについての内容がちょこっと出てきて、その対策をしている会社についてもちょこっと出てきた。

個人でも会社でもメールサーバーを運用してるので分かるんですが、迷惑メール対策ってホントに難しい。

メールサーバーにはPostfixを使っていて、メールサーバー側が受信したらフィルターを通しているんですけど、さてそのフィルターで何をするかというと、スパムと判断したアドレスをデータベース化しておいて、フィルターを通した時に送信元のアドレスがデータベースに登録されていたら、そのメールは破棄みたいな感じ。

破棄とまではいかなくても、迷惑メールフォルダみたいな感じでとりあえず別のところに入るようにしたり。

ただ、WBSで見た対策はそれとは全く違う方法だったんです。

基本的には全てのメールを弾いて、データベースに登録してあるアドレスだけ普通に受信出来るという方法。

データベースに登録されてないアドレスからメールが来ると、リターンメールとして、「認証が必要です」みたいなメールを返す。
そのメールには認証用のURLも含まれていて、そのURLから画像認証でちゃんと認証されると、次回からは普通に送信出来るというもの。

これを導入する事自体はそんなに難しくないけど、送った人がどう思うか微妙だなぁ。
それに何かを注文した時のメールみたいな場合、予めこっちで受信出来るようにしておかないといけないし。

もし導入するなら認証させる機能以外に、少なくともアドレスの管理を簡単に出来る仕組みと、弾いたアドレスを簡単に閲覧出来る仕組みが必要だなぁ。

あと一旦弾いたメールをやっぱ受信したいとかって機能もないと困るかも。

うーん、迷惑メール対策って難しい・・・。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kgworks.blog47.fc2.com/tb.php/157-3c1b1964

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。