スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ReiserFSの今後

Linuxのファイルシステムに「ReiserFS(レイザー・エフエス)」というファイルシステムがあります。

Redhat系では「ext3」というシステムがデフォルトなんですが、1つのディレクトリに保存出来るファイル数が32000だったりちょっとした制限があります。

ReiserFSではその制限がなく、さらにext3よりも(多分)高速なシステムなので、会社でもReiserFSを使っているサーバーがいくつかあったりします。

しかし、ReiserFSの開発者であるハンス・レイザー氏が殺人容疑で逮捕されました。

それが原因なのか、SuSE LinuxではReiserFSがデフォルトのファイルシステムだったんだけど、ext3に変更する様子。

あくまで容疑なので、今後がどうなるのか分からないけど、もし有罪となってしまったらReiserFSの将来はどうなるんだろうか・・・。

開発が止まってしまうか、止まらなくてもSuSE Linuxのようにあまりサポートされなくなってしまうのかな・・・。

素晴らしいシステムなので良い方向に向かってほしいなぁ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kgworks.blog47.fc2.com/tb.php/18-88412920

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。