スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Subversion+Trac+Eclipseで開発・管理[6]

さて、いよいよTracのインストールです。

Tracはまだまだ発展途上のようで、ようやく0.10が出たという感じです。
本来なら0.10からMySQLでの管理が出来るはずなのですが、バグというかそもそもテーブル構造がおかしいせいでまともに使えず。

というわけでSQLiteをバックエンドにしたインストールを行います。

また、インタアクト株式会社さんがTracを日本語化したものを配布しています。
もし英語は全然だめ!生理的に受け付けない!という方は日本語化されたものを使って下さい。
そもそも生理的に受け付けない時点でLinux触っているかどうか微妙ですけど。

自分は英語がめちゃめちゃ分かるというわけではないですが、本家のものを使いたいと思います。

本家サイトは下記です。
http://trac.edgewall.org/

まずはダウンロード&解凍。
自分はtrac-0.10.tar.gzをダウンロードしました。

下記でインストールは終了。

# tar xvfz trac-0.10.tar.gz
# cd trac-0.10
# python setup.py install


しかし設定する項目はいくつかあります。

まず、Tracで作成したプロジェクトの保管場所を決めます。
自分は/home/tracという形でディレクトリを作って、その中にプロジェクトを保存する形式にしました。

また、TracにApache2経由でアクセスする場合、いくつかの方法から選択しなければいけません。

色々試した結果、mod_pythonが手軽で高速だと思ったので、mod_pythonをApache2に組み込みます。

このサイトからダウンロード出来ます。
自分はmod_python-3.2.10.tgzをダウンロードしました。

解凍、コンパイル&インストールは非常に簡単です。
# --with-apxs=/usr/local/apache2/bin/apxs --with-python=/usr/bin/python
# make
# make install


自動でhttpd.confのモジュールに追加されないので手動で追加します。

LoadModule dav_svn_module modules/mod_dav_svn.so
LoadModule authz_svn_module modules/mod_authz_svn.so
LoadModule php4_module modules/libphp4.so
LoadModule python_module modules/mod_python.so

こんな感じになればOKです。

ついでにTrac用の記述も加えておきます。

<Location /trac>
SetHandler mod_python
PythonHandler trac.web.modpython_frontend
PythonOption TracEnvParentDir /home/trac
PythonOption TracUriRoot /trac
PythonPath "sys.path + ['/home/trac']"
</Location>

<LocationMatch "/[^/]+/login">
AuthUserFile /home/svn/.htpasswd
AuthName "Trac User Authorize"
AuthType Basic
Require valid-user
</LocationMatch>


保存したらApache2を再起動します。

とりあえず何かプロジェクトを作ってみよう!

というわけで、以下のコマンドを実行します。

# trac-admin /home/trac/test initenv

Project Name [My Project]> TEST Project
Database connection string [sqlite:db/trac.db]> [ENTER]
Repository type [svn]> [ENTER]
Path to repository [/path/to/repos]> /home/svn/test
Templates directory [/usr/share/trac/templates]> [ENTER]


Congratulations!といった文字が出ればひとまずプロジェクトの作成は成功です。

Apache2経由でアクセス出来るようにオーナーを変更しておきます。

# chown nobody:nobody /home/trac -R


ブラウザからApache2で指定したドキュメントルートで指定した場所/trac
という形でアクセスできて、testというリンクがあればOKです。

Tracの使い方については・・・。また今度(笑)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kgworks.blog47.fc2.com/tb.php/26-42ea80c7

コメント

さて、英語力の乏しさを実感してきますか・・・
英語もそうですが、Tracはスウェーデンの人が開発しているので、Tracに関する情報を調べていると、日本語以外は全然だめだなぁと思ってしまいます(笑)
スウェーデンとか北欧はハッカーが多いとかそういう話を聞きますな。
開発のメッカかな?(違

まぁTracはまだ0.10です。
私の熟練度もまだ0.0001です。

気長にバージョンアップしていきます。たぶん。
Tracは既にハックされてますからね(笑)
良い意味でのハックですけど。多分。

ちなみに熟練度は自分もまだまだまだまだです・・・。
/*kgさん(勝手に略称w)が未熟だったら私はどうすr(ry*/

私はハックされているものを使うことすらできませぬ。

そういえばハッカーに関して語っているスレッドがあったり。
http://prog-etc.bbs.thebbs.jp/1114778810/e100
「未熟」という同じ枠の中でお互い頑張りましょう!

ハッカーってどうなんだろう。
どうせやるならTracとか、そういうアプリケーション?じゃなくてOS自体をハックしてみたい。
LinuxのKernelの仕組みが分からなければハックは出来ないし、仕組みが分かれば問題が起きても色々解決出来そう。
アプリケーション?のハックだけだと、それだけに限定されちゃうから他に活かせなさそう=無駄な時間と浪費になりそう。
レジがシステム的に壊れてたのでそれを一から直し、全く新しいシステムのレジに変えてしまった客がいる。その人はハッカー。

部屋の中から怪しげな声が聞こえる。
「アイ、エヌ、シー、エル、ユー、ディー、イー」
腕が腱鞘炎でとんだため声でプログラムを作っている。その人もハッカー。


ハッカーってすごいです。。
まさに問題を解決したハッカーだね。
どうせハックするならそういう問題を解決出来るようなスキルを身に付けたいね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。