スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS4でXFSを使う

社内でCentOS4.4でXFSを使いたいという話があり、自分が担当する事になったのでその備忘録。
以前、CentOS4.2でReiserFSを使えるようにした経験があるので特に問題なさそう(FedoraのReiserFSに比べて不安定だったけど)

まず、RHEL(RedhatEnterpriseLinux)ではデフォルトでXFSやReiserFSは使えません。(XFSはデーモンだけあるけど未だに使えない)
CentOSはRHELのクローンなので、RHELで使えないものは当然CentOSでも使えません。

しかし、CentOSにはCentOSPlusという、サポート外(もともとサポート外だけど)のパッケージ郡もあり、そこからXFSやReiserFSを使用可能にするパッケージを拾ってきます。

今回用意したもの

・kernel-2.6.9-42.0.3.plus.c4.i686.rpm
・kernel-module-xfs-2.6.9-42.0.3.plus.c4-0.1-3.i686.rpm
・xfsprogs-devel-2.8.11-1.c4.i386.rpm
・kernel-devel-2.6.9-42.0.3.plus.c4.i686.rpm
・xfsprogs-2.8.11-1.c4.i386.rpm

インストールする順番としては

1.kernel-2.6.9-42.0.3.plus.c4.i686.rpm
2.kernel-devel-2.6.9-42.0.3.plus.c4.i686.rpm
3.kernel-module-xfs-2.6.9-42.0.3.plus.c4-0.1-3.i686.rpm

一旦再起動して、CentOSPlusとして起動されているか確認した方がいいかも
# dmesg | less
の先頭部分を見て確認。
4.xfsprogs-2.8.11-1.c4.i386.rpm
5.xfsprogs-devel-2.8.11-1.c4.i386.rpm

次にXFSにしたいパーティションを用意します。
今回の場合はインストールの時に既に30GB程を/tmpに割り当てたものがあるので、そいつをXFSにします。
# umount /dev/hda5 ← 予めアンマウントしておきましょう
# mkfs.xfs /dev/hda5 ← XFSに変換します

次に/etc/fstabを編集します
# vi /etc/fstab

/dev/hda5 /tmp ext3xfs defaults 1 2

マウントして、dfコマンドでファイルシステムを確認します。
# mount /dev/hda5
# df -Th
/dev/hda5 xfs 36G 288K 36G 1% /tmp

こんな感じになれば成功です。

後はXFSのディレクトリをご自由にお使い下さい(笑)

※注意:kernelのアップデートは慎重に。
出来ればyumで自動的にアップデートしないようにした方がいいです。
kernelをアップデートする事で、再起動時にkernek panicを起こして起動しなくある恐れがあります。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kgworks.blog47.fc2.com/tb.php/37-ba58c3fc

コメント

記事の内容がよくわかりませぬ・・・汗。。。

とりあえずPC大破から復活したけどテストがあってやはりこれなさそうなことは行って起きたいと思います。。。。

デーモンとかカーネルとか単語は予備知識としてブログ読む前に調べておきます。。。。
よく分からない内容ですみません。
今日いきなりやった事なので殴り書きの状態です。

デーモンはWindowsでいうスタートメニューの「プログラム」の中みたいな感じでしょうか。
exeファイルへのショートカットみたいな。

カーネルはOSそのものです。
だから、カーネルのバージョンが変わったり、カーネルそのものが違う事で使える機能が変わったり、ApacheやMySQL等のミドルウェアとの相性も出てきます。
Fedoraはカーネルをアップデートすると、ある不具合が直るけど別の不具合が起きるという傾向もあります(笑)
や、kgさんの記事がわかりぬくいと言う意味では無く、
単に私の知識不足でわからない、と言いたいのです汗汗。。

単語の意味を拾って当てはめて「おほー」となってる状態ですw
知識不足とかあんまり関係ないんじゃないかな。
自分も今日知った事を書いたりしてるので。

ちなみにおほーってどんな状態?(笑)
【おほー】

東京の夜が「お、おぉ!?」
と思ってるような、微妙な恍惚感を伴っているような、そんな状態。
大抵はちょっとかじっただけで知った被っているような、そんな状態。


新しい知識を覚えることは苦にはならない(寧ろ楽しいですけど)けど、
壁にぶち当たったときが怖いからなかなか手を出せないチキンボーイです。

結局Linuxも調べては見たけど導入しては居ないし・・・

冬休みにやるかなぁ。。
最近「おほー」となる事はないなぁ(笑)

新しい事を覚えるのは楽しいよね。
新しい事が多いから自分はこの業界にいるのかもと思ったり。

Linuxは自分も一回挫折した経験があります・・・。
仕事としてやらざるを得ない環境を作るか、ある程度分かる人に来てもらって、そばで見てもらうのが一番良いと思う←自分の場合は仕事としてやる事になった上に社長にちょくちょくそばで見てもらってました。
Windowsをずっと使っていていきなりLinuxだと、ほんとどうしていいか分からない事が多すぎるから、すぐ人に聞いて答えがもらえる環境があると挫折せずに上達もすると思うよ。

そんな環境作るのは大変か・・・。
情報の先生はPerlがちょと使えるだけだしなぁ・・・
叔父はFLASHしか頭に無い道楽さんですし、、、

「OS」と言うところまで踏み入った人は居ませんな。

いろいろ収集しますです。
叔父がFlashって!凄い。

自分で良ければサポートしますよー。分かる範囲で、ですけど。
95の発売に秋葉原行って並んだ、、、
つまりその、ヲタと言う人種です。



お気持ちだけありがたく受け取っておきますなんてかっこいい言葉を出来る限り実行できるように出来る限りは自力でがんばってみますです。
まぁ、ただ単純にLinux覚える気があるのなら、教えてあげたいというだけなんです。せっかく興味があるのに、ちょっと上手くいかない事が原因で終わってしまう事は勿体無い。

初めて間もない頃は頭がカチカチかもしれないけど、Linuxの便利さを味わってしまうとWindowsってなんでこんなに不便なんだろうと思うから。勿論良いところもあるけど。
自分は作業環境をWindowsからLinuxに移行したいくらいの人間です(笑)
XFS
ちょうどCentOS4.4でXFSのファイルサーバーをテストしておこうと思っていたので助かりました!
お役に立てれば幸いです。
もし書いた通りにうまくいかなかったら教えて下さいね!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。