スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMware Player + CentOS4.4

VMwareを使うとOS内に仮想OSを作成する事が出来ます。

例えばWindowsの中にLinuxを構築して、その中で開発するとか、テストをする。WindowsXPの中にWindows98を入れて動作確認をするといった事が出来ます。

VMwareというと「有償」「重い」というイメージがありますが、VMware Playerというソフトは無償で利用出来ます。(もともとは有償だったそうですが)

これにより、仮想OSの導入が気軽に出来たりします。
今回はWindowsXP内に、CentOS4のGUI環境を構築した時の備忘録です。

まずはVMware Playerをダウンロードしましょう。
VMware Playerは下記からダウンロード出来ます。 http://www.vmware.com/ja/download/player/

上記URL内にもありますが、Browser Applianceもダウンロードした方がいいかもしれません。(自分はダウンロードしました)
※Browser Applianceがあると「とりあえずの環境」が作成出来ます。

VMware Playerをインストールする時にGoogle統合環境のチェックボックスがありますが、今回は外してインストール。

オプションにもよりますが、インストールが終わるとスタートメニューのプログラム内にVMware Playerへのショートカットが追加されます。

VMware Playerを実行すると、vmxファイルを指定してくれと言われるので、ここでBrowser Applianceのvmxを指定します。

そうすると、「ubuntu」というLinuxが起動されます。
こんな感じ。
vmware01

しかし今回はCentOS4を導入する事が目的なので、一旦シャットダウンします。

まず、CentOS4のisoファイルをダウンロードします(面倒なのでネットワークインストールに必要なboot.isoのみダウンロードしました)
boot.isoはBrowser Allianceと同ディレクトリに入れておきます。

その後、Browser Appliance内にあるvmxファイルをメモ帳などのエディタで編集します。

編集する箇所は

#####
# IDE Storage
#####

の部分で、下記のようにしました。

ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.fileName = "boot.iso"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"
ide1:0.startConnected = "TRUE"
ide1:0.autodetect = "TRUE"

簡単に説明すると、isoファイルを読み込む設定で、そのファイルはboot.isoですよーという事です。

また、NIC関係の編集もしておきます。

#####
# Network
#####

ethernet0.present = "TRUE"

のした辺りに

ethernet1.present = "TRUE"
ethernet1.connectionType = "nat"

ethernet2.present = "TRUE"
ethernet2.connectionType = "hostonly"
ethernet2.startConnected = "FALSE"

を加えます。

これで、NICが3つ付いている事になります。

この状態で保存して、再度VMware Playerを起動して、vmxファイルを指定します。
起動時にF2を押すとBIOS画面になるので、そのBootというところでCD-ROMを一番に起動するようにします。

設定を保存して、CentOSの起動画面になったらネットワークインストールを始めます。
CentOS4のネットワークインストールについて下記記事を参照
http://kgworks.blog47.fc2.com/blog-entry-36.html

手順どおりに進めて、インストールが終わったらBIOS画面のBootでHDDが起動されるように戻しておいて下さい。

ちなみにインストールした時に選択した項目はX Windows系パッケージと、Dev系パッケージです。

↓がCentOS4のGUI環境です。このブログを閲覧してみました。
vmware02

ちなみに使用マシンのスペックは

・CeleronD 2.53
・メモリ 1GB
・HDD 120GB

なのですが、デフォルトで10GBが仮想マシンに割り当てられ、メモリは256MBになっていました。
でもそれでも意外と軽快に動いてびっくり。
これなら色々なOSを試せそうです。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kgworks.blog47.fc2.com/tb.php/44-aea0079d

コメント

おっふぁ!!!!
これでLinuxを試してみますー。。
是非是非試してみて下さい。
記事の内容は結構省いている説明があるので、分からないところがあったら聞いても構いません(笑)
テスト終わった後にゆっくり・・・
Linux野郎についに私もw
Linux野郎(笑)
是非、野郎になって下さい。野郎つながりで(笑)
野郎繋がりすかw
なぜかLinux繋がりじゃなく野郎繋がりと書いてしまったw
いや、自分も野郎なんで(笑)
野郎すかw
Linuxはテストが終わったら直ぐにでも動かしたいとおもいますー

ていうかテスト中にブログ書いてる・・・orz
テストん時はしっかり勉強した方がいいんじゃないの?(笑)
勉強をがっつり出来るのは今のうちだから!いや、ホントに!
まじですか!じゃあ頑張って勉強してきます!
・・・と言われてもなかなか実感がw

まあ頑張ります。
だって一日のうちの10時間くらいは仕事の時間だから。
勿論勉強になる事もあるけど、今やりたい事!っていうのが他にも沢山あるし。
普通二輪の免許取るのに半年以上かかったし(笑)

気合の問題といえばそうなんだけど、なかなかそううまくもいかないのが現実。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。