スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zend Framework 0.2.0から0.6.0への移行

Zend Frameworkがリリースされて約一週間。

もともとのフレームワーク側の仕様では、コントローラ名に「DefaultIndexController」や「Default_IndexController」のような名前は許可されていなかったんだけど、0.2.0の時にDispatcher.phpを修正して無理やり使っていて。

で、0.6.0ではその辺はどうなっているのかなーと思ってマニュアルを読んでいたら、アンダーバーが使えるようになったとの事で早速試してみる事に。


しかし0.2.0の時に既に「DefaultIndexController」という名前で作っていたので、まずはそのままいけるかを試したところ、ダメだった・・・。

「Default_IndexController」に名前を変更したら正常に動いたので、とりあえずこれでいいかと。まだファイル数もそんなに多くないので一通りコントローラ名を修正。

0.2.0ではコントローラ内で結果を出力する仕様だったんだけど、0.6.0ではコントローラ内での結果をレスポンスオブジェクトに渡して、レスポンスオブジェクトが内容を出力するという形になっている。

どっちでもいいっちゃいいんだけど、ようやくプラグインの役割が出てきたという感じ。ちなみに今後また仕様が変わると面倒なので当面はコントローラ内で出力する方向で。

しっかし相変わらずZend_Dbは使いづらいままだなぁ。
楽をしたいならDB_DataObjectを使う手段もあるけれど、複雑なSQL文を作りたい時に若干面倒に感じる。

Zend_Dbを自前で拡張しちゃうのも手かなと。
基本的には単純なSQL文でも複雑なSQL文でも出来るだけ簡単に分かりやすく作ってくれる仕組みがあればいいだけだから。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kgworks.blog47.fc2.com/tb.php/56-464fa413

コメント

Linuxの導入に向け、いろいろ調べてる人です。
何も進んでませんけど。ははははははっははh

DBもおぼえなきゃなぁ・・・
CentOSのインストール方法や良く使いそうな事をまとめています(情報を整理するツールを暫定的に使ってる)
もし良かったら見て欲しいなと思います。
そそそそそそれはどこですか><

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。