スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MySQL4.0の配布が終了

世間はMySQLのバージョンは4.1だったり5.0だったりしますが、会社で管理しているシステムではまだ4.0のままのものがあります。

そのデータベースのレプリケーションの為に、MySQL4.0系のrpmをダウンロードしようとしたんだけど、公式サイトから消えてる!

Archivesのところに

Because version 4.0.* of MySQL Server are in such low demand we have decided to stop hosting binaries of these older versions.

と書いてある。

つまりMySQL4.0のファイルは公式サイトからは手に入らないわけだ。
4.0系をインストールしているサーバーにrpmも保管していたのでなんとかなったければ、こうなると4.0系のファイルは自分たちで管理しないとまずいな。

本当は5.0に移行したいんだけどねぇ、、、色々と制約や仕様変更があるので、それに伴ったプログラムの修正がどの程度あるか調べて、修正後にMySQL5の環境でテストしなければいけないのでそう簡単にもいかず。

でもMySQL5.0も安定してきてるし、そろそろ本格的にやらねば・・・!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kgworks.blog47.fc2.com/tb.php/61-a6a97339

コメント

こういうのって実際どれぐらいの被害(??)があるんですか?
被害が大きいのなら配布とめない。。ってことは・・・(ry

私見ですすいません。
うちでは特に被害はないですね。
というのも、ApacheでもPHPでもMySQLでも、そのサーバーに導入しているものはソースでもrpmでも保存してあるので、それらのバックアップを取っておく感じです。

ちなみに需要が少ないから4.0の配布を止めたわけだから、配布やめられて困った側が何か言っても対応しないんじゃないかな。
システム側を今MySQLが配布しているバージョンに対応させろっていう感じだと思うよ。MySQLの利用にお金取ってるんなら考慮はしてくれると思うけど。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。