スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LinuxでHDDの型番を確認する

Windowsだと、デバイスマネージャから色々な情報が確認出来るけれど、Linuxのコマンドラインでも確認が出来ます。

今回、RAIDを組んでいないHDDの型番を調べて、RAID化しようと思って調べてみました。

結果はこんな感じ。

# cat /proc/scsi/scsi
Attached devices:
Host: scsi0 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
Vendor: ATA Model: ST3160023AS Rev: 8.12
Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 05

ちょうど一年くらい前の型なのでkakaku.comを見ても既に売ってませんorz
ただ、この型番でRAIDを組んでいるものもあるのでそれ用のストックに取っておいて、新しいHDDを2台買おうかな。

ちなみにハードウェアRAIDの場合は上記方法で確認出来ません。
というのもRAIDボードがHDDの管理をしているから。
そういう場合は大体RAIDボード側が用意している監視ソフトで型番の確認が出来たりします。

LinuxのソフトウェアRAIDの場合なら上記コマンドで確認出来ます。

ただ、今回はSATAのHDDで、Linux側がSCSIと認識したのでこのようになっていますが、ATAの場合は/proc/hdaの中とかに情報が入ります。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kgworks.blog47.fc2.com/tb.php/69-b792a7b3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

テクノラティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。